はじまりはココ。

運動指導者に興味を持ち出したのはいつだったかな🤔

ココロとカラダの調和『PLUS』充実感を伝えるフィットネスインストラクターの伊藤 良一です”(ノ*>∀<)ノ

Dブログ「Ryoのちょっとし話」もどうぞご覧ください◀ Click

プライベートブログ「Ryoのちょっとし話」もどうぞご覧ください◀ Click

ふっと、、

この、題名が頭をよぎりました。。

いつから、運動指導者へなりたい?

憧れをもったのか

もともとは、肥満だったので。。

運動大嫌いでした💧

Dr.に運動しなさいと言われて…

はじめは…

ほんと、イヤイヤしてたな😂

痩せる為に入った陸上競技(笑)

かなりの人見知りで…

1年生の時はチームメンバーに馴染めず。。

1つ上の先輩が色々アドバイスくれて。

馴染めるよーに。

仲間って、友達って、大切。

そして、運動ってやればやるだけ結果が

繋がる🤔

努力や1つの事を一生懸命した事なかったから

チームメンバーの支えはやはり大きいかったなー。

その時ぐらいから…

少しずつ、自分の変化が出てきたかも。

そして。

試合に負けて悔しく。

それ以上に仲間の負けが悔しくて。。

自分の負けは自分の練習不足。

仲間の負けは支えきれなかった…

自分の責任だとおもってたな。。

その辺りから…

誰かのサポートをしたいと思いだしたかも。

〇【健康なカラダ】動くカラダ

〇【ココロの安堵感】ココロの落ち着き

〇【帰属欲求】仲間の必要性

これって、健康の定義に合致するなと…

1人では、成功ややり遂げるのは難しいと

感じた瞬間だったかと。。

高校の時、自分で練習内容やトレーニング内容を工夫したけど、、実際厳しかった。

プレイヤーであり、サポーター両方になりたいと思った時代かな、、

その後、水中運動指導を伝える人になりたいと思う、大きなケガと出会いがありました。

それは、また、別の話しで綴ります📝

Ryoでした®️

LINE@

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です